健康

【今すぐやろう】禁煙を成功させる7箇条。

こんにちは!めたうさと申します。私は普段1日1箱タバコを吸っていたのですが、美味しくご飯を食べる為や一食でも多く美味しいものを食べる為に禁煙を行い現在も継続中です。

厚生労働省の調査によると、現在習慣的に喫煙している者の割合は、16.7%であり、男女別にみると男性 27.1%、女性 7.6%である。令和元年までの10年間でみると、いずれも有意に減少している。 年齢階級別にみると、30~60歳代男性ではその割合が高く、約3割が習慣的に喫煙しているそうです。

ただタバコをやめるのって大変で、気が付くと吸ってしまうんですよね。そんな中でもボブぴよがスパッとタバコを辞めるにあたって大事だなと思う事7箇条を紹介していきます。

電子タバコでお茶を濁さない。

まず大事な事は、紙たばこから電子タバコに変更するのは全くお勧めできません。なぜならタバコを吸ってしまうのは習慣ですので、電子タバコにしても吸う本数は減らないですし、むしろ電子タバコに物足りなさを覚えて紙たばこに戻ってしまうからです。また、喫煙者が近くに居るとそれをみてまた吸いたくなってしまうので悪循環になります。

禁煙する時は一気に辞める。

禁煙開始のコツは一気に辞める事です。だんだん本数を減らす方法や次の休みになったら…のようなものは絶対にダメです。少しでもタバコを吸ってしまうと脳内のニコチンが減少せず、吸いたい気持ちが減らないため、タバコへの依存が消えません。

タバコに関するものを全て捨てる。

例えばライターや灰皿など関連しているものを全て捨てる事が大事です。タバコを捨ててもライターさえあればすぐコンビニなどでタバコは買えてしまうので、またすぐタバコを吸える状況になってしまいます。それを防ぐためにすべて捨てて、タバコを吸う準備がめんどくさいなーと思うようになれば禁煙への第一歩です。

タバコを買っていた場所や吸っていた場所へ行かない。

私も経験があるのですが、タバコを再開してしまう原因の1つに貰いタバコがあるんですよね。喫煙者あるあるだと思いますが、一度辞めても周りに喫煙者がいると足を引っ張りあうという現象が起こります(笑)自分の行動パターンからタバコを消すことが近道です。

吸いたくなったら違う行動をする。

例えば棒付きの飴を舐める、飲み物を飲むなど代わりの行動をすることがお勧めです。私は無糖の炭酸水を飲んで吸いたい気持ちを抑えていました。炭酸水はお腹も膨れますし、すっきりするのでお勧めです。他にも運動をするなど体を動かすことで気を紛らわせることができます。

吸わなくなったメリットを知る。

私は禁煙してから数か月たちましたが、、メリットが多くあります。咳や口臭が無くなった事やご飯が美味しくなった事もそうですが、今までタバコを買っていた代金を食費にまわせるようになったことです。禁煙から1か月くらいすると変化に気づくことができます。1日タバコ1箱で500円、1か月で15000円。大きいですね。

いかがだったでしょうか。タバコをやめて、健康に美味しい食事をとりましょう!

-健康

© 2021 めたうさのいいたいだけ。 Powered by AFFINGER5